イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009/02/27//Fri.
霙?兄業一周年記念

霙は、降っていないか。さ、むーい。さ、む、い。ブルブルブルブル∞
ぶるぶるぶるしゃとーって、えねーえちけーで歌っていたよ(何)。

(閑話休題)
昨年は晴れていたのになあ。
昨年の今日H氏が生まれました。今日で一歳です。
誕生日なので混ぜご飯を炊いてお祝い。丸いケーキは買いに行けそうにないので
日曜日に義理の母あたりが買ってきてくれるやも知れず……。
あーなんて華に欠けるお誕生日にしてしまったの?
アマゾンで何か買おうかな……。
我が家では風邪ひきが私を含め四人おりまして、Y氏&H氏もそのメンバーです。
Y氏は本日未明から仲間入りしました。
冷却シートも貼らず、氷枕水枕を断固拒否し、普段どおりジンギスカン漬けの生活を
営んでおります。
27日はH氏の誕生日だから『ハッピーバースディ』を歌ってあげてねおにーちゃん♪と
予め言ってはあるものの風邪をひいている状態じゃなあ。
(近頃Y氏はH氏が泣いている脇で慰めてもらおうとわざと寝転んで泣き真似をしたりする
ことが多いのです。自分に注目が集まらなくなったことへの焦り&H氏への嫉妬心)

H氏は昨日から掴まり立ちができるようになりました。
ハイハイも尺取虫風から四足歩行風へと変化して着実に成長中。
ティッシュやお尻拭きの類を次々引っ張り出して散らかすのが大好きです。
やけに静かで大人しいときは、彼の周りを取り囲むように白いモノが散乱していたりします。
桜が咲く頃には歩いているかもしれませんね。

続ク...
スポンサーサイト

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/22//Sun.
ちとベンキョ

Jeder wollt sie zur Frau doch ihr Herz war nicht mehr frei
denn sie hat nur einen geliebt doch der zog in den Krieg
und er kehrte nicht mehr heim es gab nichts mehr was ihr noch blieb.
Und sie sass auf einem Feisen ueberm Tal

どんな男でも彼女を是非妻にしたいと願うが
それは叶わないだろう
彼女が愛したのはただ一人 戦争へ連れて行かれ二度と帰って来なかったあの男
彼女には何も残らなかった
ライン河の一番高い崖の上に腰かけて

『ローレライ』を少し訳してみやした。久々すぎて笑えます。いろんな意味で。
毎日毎日Y氏がジンギスカンを聴きながらヘッドバンキングしているのです。
ジンギスカンの『ジンギスカン』も良いけれど、『ローレライ』もいいよとこっそり流したりするの
ですが、彼の好みには合わないようで他の曲に変えられます。あーあ……
YOU TUBE Dschingis Kahn Loreley

でもローレライの次に入っている『Wir sitzen alle im selben Boot』(世界は一つ)は
好きらしい。
ジンギスカンの歌詞で一晩に7人の子供を作ったというのを意識しているのか
und der Dschingis Kahn ja der hat in Wirklichkeit nur drei Kinder gemacht.
(ジンギスカンが本当にもうけた子供は3人だけ)
なんて歌詞もありますです。

ドイツ語 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/21//Sat.
万能薬

いやあ寒い日だった。先週の温さはいづこへ。
埋め祭りもとい梅祭りが始まった模様です。偕楽園へは一度しか行ったことがありません。花を食べに(見るの間違いじゃなくて文字通りの意)毎年行きたいけれど、ただ花を見るだけじゃつまらないと家人どもの反発にあい行くことがままなりません。花を愛でるのが目的なので、別にそれ以外が充実していなくても構いやしないと思うんですが。
花粉が飛び交う季節到来でおます。
幸い未だ花粉症を発症していませんが、これから先どうなるかわからないので気を付けないと。
花粉症はアレルギー症状だということを理解していない実父は
「漬物を食べないからそういうのになるんだ。漬物を沢山食べろ。」とムチャを言っていました。
漬物を食べれば何でも治るとも。
万能薬かいな。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/18//Wed.
ネム

20090218234547
風速参米、南向
棚引襟巻
格子縞中在楽土

嗚呼、相方未帰宅

特に意味の無い文章。
白魔の紹介文を読むとんんん、
インスマウスの影っぽい?木乃伊っぽい?
そろそろ読むかー。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/15//Sun.
弌朽伶旧

今年は1909年に生まれた作家が生誕百年ということで取り上げられる機会が多いようだ。
1909年生まれと言えば!
中島敦が最初に思い付いたのだけど、松本清張、太宰治、埴谷雄高(漢字間違ってたりして)、おお、大岡昇平もだったのか。
殊に中島さん大岡さんはこれを機に流行して欲しいとはよう言わんけど、読者が増えて欲しいなあ。
後者は裁判員制度に絡めて『事件』をフィーチャーしたら売れるかも。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/13//Fri.
成長過程

H氏はもうすぐ1歳。
歯は下の歯が4本で上はまだ2本、かな?口を開けたときにそれとなく凝視してみよう。
言葉は「あっちゃ」、「あった」的なことを喋り、Y氏よりは発達が遅そう。でも歩くことへの興味は津々で、脇腹を抱えてあげると前へ前へと足を踏み出して笑っている。
この姿勢でY氏を追い駆けさせるとY氏もH氏も非常に喜ぶので。
ハイハイは1月の26日頃から前へと進むようになり。(それまでは後ろへ進んでいた。)

ティッシュやおしりふきを次々取り出して散らかす遊びにハマりつつあるのが難点。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/12//Thu.
ちょこ饅頭お断り宣言

あれは一週間前だったかしらむ……
相方が「これは美味い!」と言って口に押し込んできた物がありました。
チョコ饅頭――表面にあまり甘くないチョコレートでコーティングを施した白あんのような
そうでないような白くパッサパサした饅頭らしきお菓子。
チョコレート イズ ノット バット マンジュー(??)
この英語間違っていると思われますが、訂正する気はありません。
口に入れてきたので仕方なしに咀嚼、嚥下、そして落胆、落胆。
「私はチョコ饅頭好きじゃないんだよー。チョコは好きだけどさ。」
「えええ、そうなの?美味いと思うけどなー」
「だって、チョコでコーティングされているわりにまったくチョコの味がしないし。」
相方はあくまで善意で口に押し込んだようですが、最近間食だらけの食生活を改めようと
食べた物をメモしているので、特に食べたい訳でも無い物を書かねばならない苦痛感の
甚だしいことと言ったらアータ!
「……、このチョコ饅頭もメモしなきゃならんのか(泣)」

でも、普通のチョコレートなら大歓迎。
ビターチョコならばなお好し。逆チョコ欲しいぜ。
(おお相方が会社の女性陣からチョコを頂いて来たようだ。)

昨日Y氏は叔母さんにバレンタインチョコを頂いておりました。
(彼は誰に分けることもなしに独りでチョコを貪り食って、ポタージュを飲んで昼寝ならぬ
夕寝を敢行。午後10時頃まで起きていたらしい。)
最近の彼は童謡を聴くよりジンギスカンを聴く時間の方が長いです。
「じんじん、うーはうーは聴きたい。」
これならジンギスカンのことだとすぐ見当がつくのですが、
「おまおまおまおま出来た、が聴きたい。」
そんな歌知らんがな。
「?おまおまなんて歌ある?無いよそれは」
「あるのッ」
これが、その曲です。
YOU TUBE Dschinghis kahn Rom
最後のティキタティキタがそう聞こえたのね。
私はローレライが好きさ。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/11//Wed.
昏き馬の騎手

ついさっきブラックライダーに殺られて昇天。チーン……。(未だにアバドン王をプレイ中。)
三歳児と向き合うって難しい。あまりにも反抗的且つ色々考えすぎて、あ、頭が前頭葉が……い、た、い。『偶然性と運命』一応読み終えました。引っかかる言葉も沢山ありやした。
ありやしたが……偶然の累積のような現実生活において運命的な瞬間の訪れ、
赤い糸云々の恋愛関係に限らず自分の人生に深く関わってくるような物、事との邂逅、遭遇の謎を解明するのは決して解けないとは言えないけれども、どこまで突きつめたら霧が晴れるのかしらむ(もくもくもく)謎は解けない方が魅力的でもあるし。
出逢い、遭遇こそが自己完結を打破する最大の力なのは、当然と言えば当然の結論です。私の中島敦に対する中国モノ作家というツマラン既成概念を破ってくれたのは『木乃伊』という短編を教えてくれたドイツ語の先生で、この作品の後に『文字禍』が無ければ文字、線と線の交錯体への懐疑も無かっただろうし。まあ未来のハイリターンのための伏線と成りうるのかもしれない、かもしれないと日常に無味乾燥感を覚えたときなど、思い起こしてみるのも良いかなあ。(今こそ想起するとき!適度にドラマチックでないと生き難い。)ハイデッガー、ジンメル、メルロ・ポンティ等にも興味が湧いてきました。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/06//Fri.
あれ?

白魔 (光文社古典新訳文庫 Aマ 3-1)
マッケン
光文社
売り上げランキング: 16897

あれ、出てる?
コスモゼロで、出てないって書いちゃったよ、ヨーソロー!!
なんか古典新訳で南條竹則訳のものばかり買い求めている気がするのですが。
(『新アラビア夜話』、『木曜日だった男』、そして『白魔』)

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

2009/02/05//Thu.
きゅりおーしてぃ

20090205155910
ああん、H氏髪の毛を引っ張って遊ぶのはやめてけろケロ。
(次男を背負い散歩中也)

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。