イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009/06/24//Wed.
祖先はdinossaur

アオダイショウってあんなに細っこい体つきなのに……。

次男H氏を三輪車に乗せて押していたらツバメの巣に緑色の長い物体が、
もしかして蛇?蛇は卵が大好物だというけれど、雛だから雛だ、か、ら?

巣からはみ出している胴体部分をモップの柄で突いてみたら
落ちて来た彼の姿は別段凹凸も無くて雛を胃の中へとスムースインした模様。

雨の日も風の日もピーチクピーチク餌をねだっていたのがあだとなってしまったのか、
ツバメの親の労苦を思えば――くうう(泣)
ウィキペディア アオダイショウ
おお、コイツコイツ!
落とした後で蛇に悪いことしたかなと思っていたら、
もう一つのツバメの巣も狙ってしゅるしゅる登っていやがったので、も、もう……

私が嫁ぐ以前にもアオダイショウに雛を喰われることがしばしばあったそうなので
家人たちはこちらが期待したほどに驚いた様子もありませんでした。
常習犯だったのか。

日本人の知らない日本語
蛇蔵&海野凪子
メディアファクトリー
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 4.5
5 第二弾も着々と…でもその前に。
5 日本語を使う人に読んでほしい
5 周囲に外国人がいなくても読んでみてください
4 日本語ってムズカシイ・・・でも日本語って愛おしい!
5 子供から大人まで

今日読んで笑った漫画。
仁侠映画ファンのフランス人マダムが素敵です。姐さんと呼ばせて下さい、マダム!
相方が面白いと言って買って来た本なのですが、私が先に読了してしまいました。
日本文学科を出ているのですが日本語学に傾倒していたわけでもなかったので、
恥ずかしながらこの本で楽しくお勉強気分。
ふむふむ、日本語で今日スタンダードとして取り扱われている言葉も元々は
ある特定の階級や出身の人たちの間だけで用いられていて、地方出身者が
それを一般的なものだと思って地方へとその言葉の用法をお持ち帰りして、
津々浦々へと広まっていったものなのかあ。
ということは、もとを辿ればどれもこれも方言のようなものかしらむ。
一応標準めいたものはあるにしても。

(「英語は世界語」というコピーがあったけど、印欧語族の方言の一つだと思ふ。)

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。