イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009/08/16//Sun.
へびふんじゃった

へびふんじゃったーへびふんじゃったー
ほどうきょうでふんじゃったーかいいぬとむすこづれで
ふんじゃーふんじゃーふんじゃった♪

『ねこふんじゃった』のリズムでどうぞ。強制は致しません。
歩道橋を犬連れでY氏と手を繋いで数を数えながら歩いていたら、ぐにゅう……


わあああ、ご、ごめ、蛇踏んじゃった!
蛇は慌てて逃げて行ってしまいましたが、多分1メートル弱のアオダイショウ
だったかと思われます。
しかしどうやって歩道橋の階段を上ったのやら。
アオダイショウは木登りが上手らしいし、ツバメの雛を喰らうために壁もするすると
上ったりするから階段なんて楽勝なんだろうか?

一昨日ようやく『オイディプス症候群』を読了。
ミステリの類からすっかり遠ざかっているので謎解きのカタルシスもさほどなく……。
神話の源流を探ってそれに基づいて殺人を犯すなんてのはつくづく不毛だとしか
思えない。しかしそんなことをやってのけさせてしまう復讐の念というのは根が深くて
報復の連鎖を引き起こすのだし……。
あー、上手く言えない。
「誰か」のチョットした過失が犯人に殺戮行為を働かせる因子となったとしても、
そのことを罪悪に感じる必要はないし、そこに奴がつけいる隙が生まれると駆が
言っていましたが――

オイディプス症候群 (カッパ・ノベルス)
笠井 潔
光文社
売り上げランキング: 179916
おすすめ度の平均: 5.0
5 《矢吹駆》シリーズの第五作

フーコーがモデルのミシェル・ダジールと思想的対決だったのですが、あんまり
戦った気がしないなあ。
間をおいてまた読もう。
夏なのでこれも読み返そうかと思ったら、実家だわ。
熾天使の夏 (Mephisto club)
笠井 潔
講談社
売り上げランキング: 153570
おすすめ度の平均: 3.0
3 矢吹シリーズ第0作

宇野亜喜良が表紙で装丁が京極夏彦の事務所だったのに。文庫版は違うのね。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。