イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010/02/15//Mon.
クリス・クロス~混沌の魔王


クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫 (0152))
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 205575
おすすめ度の平均: 4.0
4 孤独
1 つまらん
5 これは名作です
3 『クラインの壺』の良コピー作品
5 第一回電撃小説大賞《金賞》受賞作。

この作品は日本初のヴァーチャルリアリティRPG小説として世に出され、
ラジオドラマ化されたりもしたらしいです。はい。
最近本を読む気力が減退していたけれども、どうにか読了しました。

ヴァーチャルリアリティと現実の区別がつかなくなるという設定は別段珍しい
ものではなかったけど、煮凝った自我が削り落とされるような感じ、蓋氏瘡
もとい不確かさ足場の揺らぐ感じの話が好きなので、どストイラーイク!
『クラインの壺』、原作は読んでませんがドラマ版は多少覚えています。
仮想現実と現実の境が曖昧になるパターンで、『クリス・クロス』も
その系統ではありますが、かすかに希望があるか、な……?
儚いけれども。

小説 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。