イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010/02/19//Fri.
ケルビムの手羽先

たまたまCSでやってた鬼才(凄いなあ、鬼って)ロマンポランスキー監督作品
『赤い航路』を昼にラスト40分と夜9時から約30分ぐらい観ました。
2時間半の長丁場の頭と尻尾をひと齧り。
全容が分からないのでまた放映したら観てみよう。
原題がBitter moonってだいぶ違う。
昼下がりからずいぶんR指定な内容だと思ったら、愛とエロス特集なんですってよ。
その特集の一環として
『香水~ある人殺しの物語』も放映してくれるらしい。原作に忠実に撮るのは無理だけど、
グルヌイユ役が何気にイケメンなのも嫌……。
まさか、放送事故のような男性を主役にするわけにもいけないしね。
アカデミー賞が近いせいか『地獄の黙示禄特別版』をよく放映してます。でも何処が未公開シーンだったのかがまるで分からんので、『トリック』のDVDのように、未公開部分に「やむ落ち(やむなくカット)」マークがついてたらなあ。
頼むよコッポラ監督。
頼んでも仕方ないけどね。(冒頭の『The End』で八割は満たされてしまう人間だから)

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。