イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010/06/06//Sun.
Haelfte des Lebens Fr.Hoelderlin

Mit gelben Birnen haenget
Und voll mit wilden Rosen
Das Land in den See,
Ihr holden Schwaene,
Und trunken von Kuessen
Tunkt ihr das Haupt
Ins heilignuechterne Wasser.

Weh mir,wo nehm ich,wenn
Es Winter ist,die Blumen,und wo
Den Sonnenschein,
Und Schatten der Erde?
Die Mauern stehn
Sprachlos und kalt,im Winde
Kirren die Fahnen.

迷訳してみましたよ……追記でどうぞ。

生の半ばに

黄色い梨がたわわに実り 
野薔薇は咲き満ちて
大地は湖へと入る。
優美な白鳥達よ、
お前達は口づけに酔い痴れ
清(さや)かに醒めた水の中に頭を浸す。

嗚呼、私は何処で摘むのか?
冬になれば花々を、
何処で日の光や地の影を求めれば?
壁は黙(もだ)して冷たく聳(そび)え立ち、
旗は風に鳴り軋む。

(岩波文庫の『ドイツ名詩選』を参考にしました。)

☆Das Land in den See,
岩波の訳では「岸は湖(うみ)に傾く」と
あるんですが、ね。難しい単語が無いときってかえって悩む。
中性名詞das Seeの4格なので方向を表すのだけれども、
そのまんま訳したらこんな訳に。
☆Kirren die Fahnen
die Fahneは独和大辞典を引いたら旗の意味ばかり出てきたのだけど
岩波訳では「風見」?風見って風見鶏のことなのでしょうか?
それとも風を読むための旗か何かなのでしょうか?
(高速道路にある吹流しのような)

ううむ無知を曝け出すばかりだ。

鑑賞用 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。