イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010/09/10//Fri.
甲虫のお弔い

昨日甲虫君が天に召されてしまったので土葬しました。
何分適当に飼育していたため、これで本当に私の飼い方は間違っていなかった
だろうかという思いに駆られ、先程ネットで調べたらば……!
平身低頭むしろ土下座して陳謝せねばなるまい。
あの蟻だらけの環境でよくぞ二週間も君は生きていてくれたと感心しきりです。
蟻は天敵だという情報をんでいればもう少し生き永らえたはず。
今度飼育するときの教訓にしよう――ってまた飼うつもりか?

そもそも甲虫類にはあまり惹かれなくて、カミキリムシ、トンボやバッタの類を
こよなく愛しているのです。
日本に生息する甲虫類って総じて光沢のある茶色オンリーの配色で色彩が
地味だと思っていたのですが、飼育するうちに情のようなものが湧いてきて
朝夕の餌やりと霧吹きでの土を保湿が楽しくなってきました。
夫君は採集と甲虫君の住居作りには熱心でしたが、
日が経つと余り関心が無くなったらしく、
私が甲虫の話題を出しても、飽きたら解放しても良い旨のことを
言っておりましたが、(義母にも同様のことを言われた)日頃腹部を啄まれている
甲虫を散歩で見かけているので、捕まえて来たからには、最期まで見届けようと。
最初はオスが三匹いて、その二日後にメスが一匹加わりました。

9月10日追加分
ぎゃ、ツイート以外の過去記事を管理画面上で見ていたら最終編集が
8月20日って!
だいぶ忘れてしまったよ。
あまり正しくない方法で甲虫君を飼育していたためか続々天へ召集されてゆき、
情の薄い私は自然へ還れとばかりに適当に庭の植え込み辺りへ死骸を投げて
やり過ごしていましたけれども、最後の一匹だけは土へ埋めて墓標代りの
丸い小石を置いて合掌。安かれ甲虫君、と冥福を祈りました。
数が減った分だけ情の濃度が濃くなったのだろうか。
生存日数の長さも加味されるんだろうね。

8月中読んだ本と言えばこちら。

ブラバン (新潮文庫)
ブラバン (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.09.10
津原 泰水
新潮社
売り上げランキング: 161110
おすすめ度の平均: 3.5
4 40代以上の元ブラバン用の本
4 ブラバン経験者は一読を。
3 ファンうけだけじゃ、悲しくないかい?
3 フェンダーは?
5 「失われた20年」という日本の停滞が色濃い…といえばちょっと大げさだろうか

津原秦水は『妖都』を大昔に読んで内容忘れて、少女小説家時代の
『わたしのエイリアン』シリーズを数冊読んだぐらいでおます。
部活が吹奏楽部でなくても同世代でもなくても楽しめました。
同世代の方が楽しめるというのはそこに漂う時代の空気感、独特の匂いを
知っているからで、文章にそれを起こすというのはなかなか難儀なことだと
思われます。
同世代でもブラバンでもない当方が楽しめたのは何故かと自己分析するに、
年をとったせいだという実に簡単な答えが導き出されました。
折しも実家へ帰省をするという友人からメールが来て久しぶりに逢いたいのに、
逢いに行くことの出来ないもどかしさ。
あの時はこんな日が訪れることなど理解できなくて、発達した交通手段と
通信手段が何とかしてくれると冗談半分に思っていましたから。

25年ぶりにブラバンメンバーが再結集して演奏するなんてことはメンバーの消息を
掴むことすら困難なのに、演奏なんて文字通り「絵空事」です。
それを実現させる役目を宛がわれたのが管楽器の群れの中の異端
コントラバス担当の他片(たびら)。
現在と過去とを混ぜ合わせたような文章は時制が定まっていなくて、
読みにくさを感じたりもしましたが、頭ン中は文法の理屈通りにはいかないことを
知っているので、ね――そこはそれ……
人物が多い上に造形がなっていない風な感想もありますが、管楽器担当の
大勢の部員を明確に描写できるほど親しい間柄ではないし、あくまで最終の目的を
遂げるまでの道すじに置かれた小石のような扱い、と書くと言葉が悪いなあ、
余りに個々人に入り込んだ描写ではハーモニーが崩れるから☆
すいません、巧く言えません。
少なくとも小説上で吹奏楽を奏でるにはアクの強い主人公を据える訳にはいかない
でしょうに。

ブラバン再結成時のメンバーの言葉
「昨日の夢を見とった。」
口の中甘酸っぱい唾液でいっぱいです。もう何も言えません。

最近エンドレスリピートして困ります。
YOU TUBE ぼくらのopアンインストール
あんいんすとーる 嗚呼良いストーブ 杏仁豆腐♪

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。