イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2005/08/15//Mon.
リッパー、神狩り2

『神狩り2リッパー』を読んだ印象は、複雑なものがある。
これを前作『神狩り』の続編という位置づけは、
出来ればしたくないと言うか――
名前を『リッパー (神狩り2)』に変えて欲しい気もする。
括弧内の神狩り2の文字は出来れば無い方が望ましい。
中身は面白い。面白いけれど――
(此処から先は当方の感情のゲージが振り切れてますので)

これが『リッパー』という名前で出た山田正紀の新刊だったら、
久々のSF新作として喜ぶところなのだが、如何せん
『神狩り』の名前を冠しているため、素直に楽しめない。
どうしても比べてしまう。
人間の論理では到底理解し得ない「古代文字」の解読を発端とした
〈神〉と人間との戦いだった筈なのに、今作では
ハリウッド映画に出てきそうな超能力者集団?〈天使〉という
超人的な能力を有した存在を登場させたことにかなり落胆。
確かにそれもアリだけど、短絡的
過ぎやしませんか?

もっと違った形で…嗚呼上手く言えない。
勿論そういった存在の理由付けはなされているんだけど、その根拠が
薀蓄方面に偏りすぎて楽しめない。もっと気宇壮大な空想に突っ
走ったデタラメな感じがあったらなあと。
「想像できないことを想像する」
気概で前作を書いたのだから、
もっともっと大風呂敷を!!

とあらん限りの声で叫びたいものの、
『エイダ』の作中に登場するSF作家の創作の苦しみの描写を
読んだ身としては、少しトーンダウンしてしまう。
とは言え、前作主人公島津圭介とキー・キャラクター理亜(ゆりあ)
が登場したのは素直に嬉しい。(理亜自体は別人だけど、名前が踏襲
されている)

エイダ
エイダ
posted with amazlet at 05.08.15
山田 正紀
早川書房 (1998/05)
売り上げランキング: 129,766
おすすめ度の平均: 4.5
4 ゆっくりと読みましょう
5 物語と幻想





小説 | trackback(0) | comment(2) |

comment

2007/04/28 18:12

山田正紀を饒舌にしすぎましたね。
前作の方が瑞々しくてシャープで感動出来ましたよね。

goldius | [ edit ]

2007/04/28 21:50

饒舌、そうですね。もう少しスマートに書けた気がします。ウンチク全開よりも、気宇壮大なホラでワクワクさせて欲しかった。
X-MENのような連中を出さずに問題を解決して欲しかった云々。
不満だらけですね。
長編では『エイダ』が一番好きです。

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。