イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2005/10/14//Fri.
カメラ!カメラ!カメラ!

20051014080035.jpg

写真を撮る

枠に収まった被写体の過去を想像して

カメラを向ける 今

焼き付けられる過去を 見通して

写真を撮る

現実はたちまち氷解し 過去となって

郷愁をまとってたちあらわれる
 


今朝の空模様。携帯P900iのカメラで撮影。
何という雲の名前なのか分かりませぬ。

カルヴィーノの『ある写真家の冒険』から思いついた言葉。
「つまり二〇年ぐらいして一葉の黄ばんだ(どれだけ現代の
定着処理が変質を予防したところで、黄ばんだような気がする
ものだ)紙の上で自分に再会する、その楽しみがきみたちを動かす
ようになる。生身の人間が撮った自然でさりげない写真を好む
ことが、さりげなさを殺し、現在を遠ざける。写された現実は
即座に、時の翼にのって駆けぬけた歓喜に染まり、郷愁をまとう。
たとえそれが一昨日の写真でも、追悼のにおいがする。だから
きみたちが現実を写真に撮るために送っている人生は、すでに
出発からして人生自体の追悼なんだ。」
(80頁11行目~81頁1行目迄 イタロ・カルヴィーノ
『むずかしい愛』 岩波文庫)

むずかしい愛
むずかしい愛
posted with amazlet on 05.10.14
カルヴィーノ 和田 忠彦
岩波書店 (1995/04)

『ある兵士の冒険』を読む度に、これは犯罪ではないのかと
気が気でならない私。イタリアは寛容なのか。
シングルズ
シングルズ
posted with amazlet on 05.10.14
フリッパーズ・ギター
ポリスター (1995/05/25)

タイトルに拝借した『カメラ!カメラ!カメラ!』が収録されている
シングルCDコレクション。


日々のあぶく | trackback(0) | comment(1) |

comment

2005/10/15 21:19

もうそろそろ予定日ですね。痛みに耐えて、頑張ってくださいね。

Kaninchen | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。