イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2005/12/17//Sat.
エクスクラメーション付きの声で

メールの着信音を『Careless Whisper』に
しようかなあと物凄く小さい小さい悩みを抱え込み中。

ギリシア神話が刷り込まれているせいか、ホモもヘテロも適当に
跨ぎ越して暮らしているので、「禁断の領域」というロマンもなく
……ああ、哀しい哉。
「禁忌」という響きに何やら甘美な憧れを抱くこの頃。
かと言って、婚外恋愛等は全く興味無し。
そんなエネルギーありゃしない。あったら恋愛以外に使うよ私ゃ。
でも、先日よくお邪魔させて頂いているAKINONAさんのブログの
この記事を見てドストエフスキーの新たな楽しみ方を開眼したので、
目下『カラマーゾフの兄弟』から攻略中。
明らかにドストさんの意図した方向性とは異なる読み方だよなあと
思いつつ、止められません。
以前ナナカマド以下の烙印を押してしまった『悪霊』は熟年世代
ステパン氏とワルワーラ夫人のプラトニックラブ&何故だか自分を
窮地に追い込んでそのドキドキ感を味わうのがたまらない溢れん
ばかりのMっ気青年スタヴローギンの物語だと思います。

『ラストクリスマス』で有名なWHAM!のメンバー(実質2人だけ
だからメンバーもへったくれもないけど)
ジョージ・マイケルが同性の恋人同伴で来日し、自身を題材にした
映画のプロモーションをしているようで、テレビで何度かお見かけ
しました。
WHAM!のCDの歌詞カードの写真を見たとき、
ちょいマッチョな体にタンクトップ!なんか「そっち系」の匂いが…
でも、勝手に決め付けちゃ悪いよね…
と思っていたら、本当にそうだったとは。
(後でネットで調べたら、氏は88年に同性愛者であることを
カミングアウト)
メジャーデビュー曲の『WHAM! RAP』で
「ワム! 俺は男だ!」という歌詞があって、
ド直球なメッセージに苦笑した覚えが。
自分の持っている『WHAM!THE FINAL』というアルバムに
収められた曲のタイトルを順を追って妄想たくましく物語を
作成したことがありました。あまりに下らないので載せられません。

ザ・ファイナル
ザ・ファイナル
posted with amazlet on 05.12.17
ワム!
Sony Music Direct (2004/02/18)
売り上げランキング: 4,381
おすすめ度の平均: 5
5 月9を観て、改めて名曲だと思いました。
5 ワムの真価、真髄ここに極まれり。

やっぱり、WHAM!を呼ぶ時はエクスクラメーション分
大きい声で言わなきゃならないのですかね?
電話応対の時とかも。





つぶやき | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。