イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2006/03/21//Tue.
酒姫よ、私の憂いも洗ってくれい(懇願)

出産後、思わぬ持病発覚で以前よりアルコール摂取を
控えるようになったイーゲルです。
煙が苦手で、25歳までライターを点けられなかった似非文明人で
あるため煙草とは無縁な私の楽しみは飲酒だったのに…。
不摂生をするにも資格が要るのですね。

〈愚痴モードスイッチON〉
私の場合こうして文字を綴ること、というかパソコンの
モニタを見ながらカタカタ自分の意思や心情、空想、妄想の類を
打ち込むことは、楽しい、苦しい、辛い、きついの四重奏。
1番目の「楽しい」以外は皆ネガティブな感情ばかり。
というのも常に、
「本当に本当に…∞これで自分の言わんとしていることが
閲覧して下さっている方に少しでも伝わっているのか。」
「こんな書き方ではなくもっと上手く表現できないか。」
「頭ん中で考えていたものはもっと凄かったのに、文章化すると
ヘボいなあ。」云々。
勿論自分とまるっきり同じ考えの持ち主なんて、いやしないし
当の本人も考えや表現の仕様が変わることが多々あります。
昔書いた記事を後で読み返しては、消え去りたくなることが
しばしば。
物を知らないことに加え語彙が貧弱であることを自認していますが、
最近つとに思うのは、

書いても書いても自分が本当に書きたいものから遠ざかっていく
感じがする――


言わんとしていることが文章化するうちにポロポロ落ちていって、
最後には何も残っていないんじゃないかという不安。
この不安を伝えるためにやはり文章という手段を選んでいることの
矛盾。
何が言いたいかわかんねーよ、ごもっともです。私もわかりません。
ただ、唯一のポジティブな感情「楽しい」瞬間が、
ごくたまに訪れるのです。その愉楽のために長々しい苦悶の時間を
代償としているのかもしれませんね。
最近の気になる本。

書きたがる脳 言語と創造性の科学
アリス・W・フラハティ 吉田 利子 茂木 健一郎
ランダムハウス講談社 (2006/02/03)

新聞(地方紙)の書評欄に載っていました。

ぼやき | trackback(0) | comment(3) |

comment

2006/03/21 22:29

イーゲルさんの悩みは、文章を書く人間は多かれ少なかれ
持っているものじゃないでしょうか。自分も「あー、あんな風
に表現すればよかったな」って思うこと、多々ありますよ。

でも、逆にどんなに完璧な言葉や文章だったとしても、自分
の想いを全ての人間に同じように伝えるのって不可能じゃ
ないかな、とも思うんですよ。それこそ言い切ってもいいの
かな、と思うぐらいに。

自分たちは出口の分からない迷路の中を、言葉という
か細い明かりにすがりながら歩いているようなものなの
かも知れません。もしかしたら最初から出口なんてない
かもですけど、それが分かるまでは歩き続けるしかない
のかなと。

とにかく、色々と考えさせられる記事でした。

Plus | [ edit ]

2006/03/21 23:05

 私は創作をするわけではないのでアレですが、イーゲルさんの気持ちもわかります。気持ちがうまく表現できていないのでは、読む人に伝わらないのでは、という不安に陥るんですよね。
 そんな不安を感じながら文章を書いているうち、完璧とはいかないまでも、なんとなくうまく書けるようになってくるものじゃないでしょうか。

 と、言いながら…私はそんなこと考えもしなかった。今も自分のブログの以前の記事を読んで、なかなかうまく書けてるじゃん、と思ったアホです。

 どうしても気に入らないものは、(もっとよくなるものなら)、後からこっそり手を入れたっていいんじゃないでしょうか。たかだかブログだし。(ズルいですか?)

piaa | [ edit ]

2006/03/22 17:52

共感して下さる方がいて心強い限りです。
明確な答えは出ない問いですが、少し心が軽くなった気がします。
自分ひとりで考え込むと
「海水をザルですくってタライに移すような行為」とか
「大海に砂粒を投げ入れる行為」とか悪い方へばかり流れて行きますので、余計落ち込んでくるのです。
>piaaさん
>迷路の中を言葉というか細い明かりにすがりながら歩いているようなもの
おお!詩的かつ素敵な表現です。言葉のカンテラを手に真っ暗な迷宮を探索するイメージが湧いてきました。
なるべく明かりの燃料を絶やさないよう精進していきたいものです。

>Plusさん
>気持ちがうまく表現できないのでは読む人に伝わらないのでは、という不安に陥る
そうなんです、ハイ。でも、うまく書けたときは凄く嬉しいし、海苔海苔(あ誤変換)でじゃんじゃん進みます。
>なかなかうまくかけてるじゃん
と思ったら、ブログルポに登録します。あそこに登録しているものは自分のベスト盤のようなものですから。
>気に入らないもの
気に入らないものは遠慮なく直していますよ。直した箇所をまた直して結局直す前に戻る堂々巡りもよくある話です。

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。