イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2006/05/06//Sat.
オイディプスの刄

久々に赤江瀑『オイディプスの刄』を読み返した。ストーリーも割と覚えているのに、どうしてこんなに引き込まれるのか。単なるミステリではない妖しさが芳香のように取り巻いていて、白昼の惨劇に色を添える。あとはただその迷宮を彷徨いさえすればよい。
映画化されてるらしいけれど、見たいような見たくないような。
最近読んでいるのは『雨月物語』。昔は古典がそれほど好きじゃなかったけど、やっと素直に読めるようになった気がする。大して古典好きでもないくせに、何故家に『雨月物語』があるのか?それが一番の謎。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(2) |

comment

2006/05/07 11:27

うおっ、なつかし~。
赤江瀑はその昔に読んだ記憶がありますよ。
ン十年前ですか。。。
「オイディプスの刃」も読んだと思うんだけどどんな話か思い出せず。
雨月、面白く読んでいただいているでしょうか?

くろにゃんこ | [ edit ]

2006/05/07 20:06

赤江瀑はリアル同性愛者というのは本当なのでしょうか。オイディプス王とアンティゴネーも発見。前者は昔読んだけれど後者は積読だったのでこの機会に読みます。
雨月、面白いです。まだ『白峯』、『菊花の契り』までしか読んでいませんが、帰省中に全部読み切って帰りたいです。講談社学芸文庫は全注釈付きなので古典に弱い私の強い味方です

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。