イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2006/07/29//Sat.
歌謡(『ジョン・ダン抒情詩集』松浦嘉一訳新月社版)

流れ星でも拾ひに行きやれ、
まんどれいくの根でも姙ましやんせ、
過去(こぞ)の歳月(とし)、どこへ失せた告げしやんせ、
悪魔の足、誰ぁれが裂いた?
人魚の唄どうして聴くか?
ちくちく痛い嫉妬の針どうして避(の)ける?
教へしやんせ、
言はしやんせ、
正直者を出世さす風どこに吹く?

眼に見えぬもの見たい性ならば、
珍らしいもの見たい性ならば、
千日萬夜馬を駆らんせ、
お前の頭髪(あたま)、眞白う雪になつて戻らんせ。
戻らんしたら、道中の魂消た譚(はなし)しやんすだらう。
「さうしてな、貞女で、縹緻(きりょう)のえい女
居りませぬぞい、
金輪際
居りませぬぞい」と言はんすぢやろ。

したが、そないな一人でもゐたら知らしやんせ、
嬉しかろよ、そないな女へ巡礼したら。
いやいや、待って下さんせ、わしは行くまいぞ、
そないな女に遭ふことが、隣のうちであらうとも。
お前が遭つたその時は、貞女でゐたであらうとも、
お前がわしに便りするその時まで貞女を通すであらうとも、
わしが行て、
逢ふまでに、
彼女め、二人、三人に操を破るだらうわいな。

内容は女性の不誠実さに関する罵言ですが、
やんわりと古文のような風合いの訳文がオブラートの役目を果たして
いるせいか毒吐かれているはずなんだけど、非常に贅沢させて
もらっている気持ちです。
日本語は美しい言語という風にはあまり感じない性質ですが、
これなら美しいかもしれないと思いました。
(日本語は平仮名、片仮名、漢字、当て字、ルビ等を貪欲に
詰め込む大食漢のような言葉だと思っているので。)
しかしジョン・ダン、一体どんな悪い女に引っ掛かったのか。
気になる。
(昔書いたこちらの記事も女の不誠実さに対するクレーム的諺が載っていました。しかもアレクサンダー大王が言ったお言葉らしいです。)

鑑賞用 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。