イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2006/12/03//Sun.
『眼の誕生』

「眼が孤独の源」ではなく、光が孤独の源だったのか。
(詳しくはこちら

地球の誕生が46億年前で生物の誕生が39億年前。
そして眼の誕生は5億4300万年前と、地球上の歴史で考えると
眼という器官が出来たのはごく最近。

カンブリア紀の爆発とは軟らかい身体をしていた生物達が突如として
一斉に身体の硬組織を進化させたこと――
この大爆発の引き金となったのが光スイッチであると著者は述べる。
5億4300万年前に現れた眼を持った原始三葉虫の登場以前以後とを
区分する光スイッチ説。
眼の誕生によって捕食者は獲物を効率良く認識、探索出来るように
なる。その一方で捕食者の眼から逃れる策を講じる必要性が生まれた。
結果、生物は視覚に適応するための進化を迫られたのだと説く。

「光スイッチ説」が出て来るまでの道のりが長い。
(いきなり最初の方で光スイッチはカンブリア大爆発の引き金だと
言われても困るけれど)
普段こういった本は読まないので用語などが解らなくなることも
しばしば。
眼の誕生以前にあった光の刺激を受ける感光器の話などは
興味深かったし、眼という器官がもたらした大異変には圧倒される。

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く
アンドリュー・パーカー 渡辺 政隆 今西 康子
草思社
売り上げランキング: 1862
おすすめ度の平均: 5.0
5 カンブリア紀の爆発を説明する目から鱗の新説!
5 裏表紙のオオトカゲが気の毒なのはおいといて・・・   
5 もっと光を

読書 | trackback(0) | comment(2) |

comment

2006/12/03 23:52

お読みになりましたか。
私的にはとても興奮しました。
この仮説の中で銀河の腕に太陽系が突入する時に
大きな気象変動があるのでは?というのがあって
なかなかおもしろかったです。

ガリレイ村のあの方はどうやら地動説のみならず
太陽系が銀河面を移動していることを予測していたらしいですが、
ちょっと、あの観測器具でどうしてわかったのか不思議です。

星界からの報告などを読むとあまりに冷徹な思考に
鳥肌が立ちますが。

めるつばう | [ edit ]

2006/12/04 09:28

めるつばうさん
もっと前に読み終えていたのですが、どう書けばいいんだろうと悩んだ挙げ句、
この体たらく。もう一度読めばよりはまるかもしれません。
カンブリア大爆発の原因が眼の誕生と結び付くのはスリリングでした。
視力の有る無しに関わらず、眼を意識した進化を迫られた生物達。
開眼以前以後では世界が劇変したのでしょうね。

>太陽系が銀河面を移動していることを予測していたらしいです
ガリレオがそんなことまで予測していたのですか。凄いです。
『眼の誕生』でもそうでしたが、科学者の絶え間ない観察と飽くなき探究心には
頭が下がる思いです。
>『星界からの報告』
探して読んでみます。




イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。