イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/03/12//Mon.
許容範囲内

メールで送った文章を加筆修正して転載

〈最近初めて寺山修司を読みました。
恋と猫の字を入れ替えた『僕は猫する』が良かったです。
『trotz』の疑問は未だ解けず。

「理解する」とは、そもそも一体なんなのでしょう。
最近、「相互理解」は幻想で「相互誤解」で世界が動いていくような
気がしています。
その誤解の範疇が著しく自分と近しいものか否か、受け入れられる
ものか否かの違いでしかなく、近しいもの、受け入れられるものが
「理解」のゾーン〈許容範囲内〉に入ってくる、そのような
イメージがあります。〉

で、このメールに対する返信の内容でこのようなことが
書いてありました。
〈ボードレールも考えていたように、
「世界は誤解によってのみ動く」のです。
カミュの「誤解」というシナリオは、
そのことの酷い証。

さらにランボーは「不幸が俺の神であった」とまで云う!

当今の相互理解は、もたれ掛り合いの、
綿菓子でしかありません。〉

綿菓子。ふわふわしていて咀嚼する必要がなく、口に入れた傍から
跡形もなくとろけてしまうような、
さっさと食べないと口にする前に溶けてしまう淡く儚いお菓子の
代表格。

綿菓子は飴の部分が無くなると棒だけが残って非常にみすぼらしいですが、
この棒がなければ綿菓子自体作れない訳で、一番肝心な部分です。
地味だけど。
本来の自分もこんな棒のように地味で、素っ気無いものに程近い気が
してなりません。

つぶやき | trackback(0) | comment(2) |

comment

2007/03/12 23:22

何度かお邪魔していました。こちらにも来ていただいたようで、有難うございました。
「相互誤解」。まったくその通りだと思います。いたく共感しました。文体がとても素敵ですね。リンクをはらせていただきます。私のほうもお願いできれば幸いです。
寺山修司読んでみます。

フミィ. | [ edit ]

2007/03/13 09:17

フミィさんおはようございます。
>「相互誤解」
いたく共感して頂けたようで嬉しく思います。
殆んど個人的イメージのレベルの話なので、
一般論と異なっているかもしれませんが、考えるほどそういう
方向へ流れていってしまいました。

>文体がとても素敵
有難いお言葉です。溶けるほど嬉しいです。
リンクまで貼って頂いて慶賀の至り!
こちらもリンクさせて頂きます。
寺山修司は私も初心者なのでこれからバリバリ読みたいですね。

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。