イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/04/08//Sun.
『星界の報告』の報告



こちらは桜を食した公園にあった池の写真。
鴨と思しき鳥が沢山おりました。

星界の報告 他1編
星界の報告 他1編
posted with amazlet on 07.04.08
ガリレオ・ガリレイ 山田 慶児 谷 泰
岩波書店 (1976/01)
売り上げランキング: 145723


先日『星界の報告』を一応読みました。
月や銀河、メディチ星と名付けた木星の周囲を回る四つの衛星の
地道ではありますが、精密な観察と想像の翼をひろげてそこから
導き出される推論は力強さを感じます。
やはり、望遠鏡で実際に毎日観察し続けていることがその自負に
繋がっているのかもしれません。

ウィキペディアに拠ればガリレオは1608年に
オランダで望遠鏡が作られてからそれ程時を経ずして、
望遠鏡を手に入れ、それだけでは満足せずに自分でその仕組みを
理解して更に精度の高いものへと作り変えてしまいました。
その情熱だけでも脱帽ものです。望遠鏡という器械で宇宙に
目を向け、当時主流だったアリストテレス哲学の考え(主に天動説)に
反対し、自分の考えを貫きました。
(望遠鏡のレンズを天空へ向けて初めて月を見たとき「法外な喜びに
あふれ」たそうです。相当感激したようですね。)
『星界の報告』の中で
「コペルニクス体系における太陽のまわりの惑星の回転を、冷静な
心で受け入れる。しかし、地球と月とが太陽のまわりを一年で回転
しつつ、しかも、月は地球の周りを一年で回転していることに困惑
してしまう。そのため、コペルニクスの宇宙の構造をありえないもの
として拒否しなければならぬ、と考えている。これらの人びとに
すぐれた論拠を示して、その疑惑をとりのぞこう。
四つの星は木星とともに、一二年の周期で太陽のまわりを大きく
回転している。同時に、地球のまわりの月とおなじく、木星のまわり
に大きな軌道を描きつつ、同時に一方の惑星のまわりをほかのひとつが
回るということが、どうして考えられないか。」
(72頁4行目~12行目)
コペルニクス体系の太陽の周りを回る公転運動を認めてはいるものの、
地球の周囲を月が回っていることを受け入れられない心情を理解し、
自分が観察した木星の周囲を回る天体に関する研究を論拠とすることで、
地球と月もこれと同様の運動をしていることを結論づけています。

ガリレオの研究の成果が、今日の天文学へ影響を与えているかなんて
私には想像することも出来ませんが、『星界の報告』を記した彼は
相当エネルギッシュな人物だという印象を受けました。

他に収録された『太陽黒点に関する第二書簡』も読みました。
『星界の報告』よりも正直わからない部分が多かったけれど、
こちらも熱意溢れる研究の成果が綴られています。
約80日分にも及ぶ太陽の黒点のスケッチと合わせて読むと良かった
のですが、スケッチが後ろの方にまとめてあって、いちいち
スケッチを見るために後ろを見たり読んでいたページに戻ったり
するのが面倒に思えた私は不届き者です。
それこそ後になって後悔しましたが……。
また、読み直します。

アリストテレス哲学はイスラムから逆輸入の形で採り入れられて
カトリック神学の考え方の要になったんだっけ?自信がないっス。
トマス・アクィナス?この辺も勉強し直さないといけません。
メディチ家にも興味が出てきました。
高校で世界史を教えてくれた先生は「もともとは薬関係の一族」と
おっしゃっていた記憶があります。
英語のmedicineとも響きが似ているしなあ。

天文対話〈上〉
天文対話〈上〉
posted with amazlet on 07.04.08
ガリレオ ガリレイ Galileo Galilei 青木 靖三
岩波書店 (1959/01)
売り上げランキング: 751042


メディチ家
メディチ家
posted with amazlet on 07.04.08
森田 義之
講談社 (1999/03)
売り上げランキング: 37528
おすすめ度の平均: 4.5
5 分かりやすく勉強になりました。
4 ルネサンス文化の紹介
3 世界に冠たるパトロン一家

トマス・アクィナス
トマス・アクィナス
posted with amazlet on 07.04.08
稲垣 良典
講談社 (1999/05)
売り上げランキング: 209371
おすすめ度の平均: 4.0
4 構成が不的確ではないか

読書 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。