イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/06/16//Sat.
蹴りたい田中

蹴りたい田中
蹴りたい田中
posted with amazlet on 07.06.16
田中 啓文
早川書房 (2004/06/10)
売り上げランキング: 96955
おすすめ度の平均: 5.0
5 『蹴りたい〜』が取れるなら、誰でも茶川賞なんて取れるぞ!
5 あふれるように流れてくる無駄無駄無駄!!!
5 時間を無駄にしたい諸氏に。

第130回茶川賞受賞作品『中田いたり蹴』
じゃなかった『蹴りたい田中』。
因みに綿谷りさ嬢の『蹴りたい背中』とは無関係です。
何と言うかナンセンス系、馬鹿馬鹿しい話の吹き溜まりのような一冊。
バカバカしさに呆れつつも、そこまで書くンかい――ちと尊敬してみたり。
文章を書く上で恥とか照れは大敵ですな。
誰が本を手に取ってくれるかもわからない暗中模索の状態でギャグを
捻り出す精神力、ステキだッ!でも、やっぱりバカバカしい♪
「バカ」という言葉には愛がないけれど、「アホ」には愛があるって
小島秀夫(ゲームMGSシリーズの監督)が言っていたなあ。
では、愛を込めて……アホ。

小説 | trackback(0) | comment(2) |

comment

2007/06/17 11:30

自分が書いた昔の記事「蹴りたい田中」を読んでみました。
あはは、こんなこと書いてるよ。
自分書いたものでも、久しぶりに読むと新鮮だなぁ。
というわけで、TBさせていただきました。

くろにゃんこ | [ edit ]

2007/06/17 13:20

くろにゃんこさん

読まれていましたか!正直意外ですね。
早速、感想を読ませていただきます。

私は結構こういうアホテイストの作品が好きなので、
『銀河帝国も弘法の筆のあやまり』も買ってしまおうかと
思っています。

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。