イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/06/22//Fri.
Rainy season

200706220835000.jpg

空梅雨気味でしたが今日は一日中雨がしっかり降っていました。
外で遊びたい盛りのY氏は「ひねもすウチでだらだら」テクが身に
ついていないため、
「あっぽ~あっぽ~(散歩~散歩~)」コールをしつこく連呼。
前回靴ずれを起こしたのであんまり気乗りしなかったけれど、
おんぶして傘を差して散歩へ行って参りました。
ウォーターシューズ買っときゃ良かったなあ。妙なところでケチな
自分が憎らしい。
ただ、歩いてくるだけでは空しいので紫陽花の写真を撮ってみました。
雨の日は、虫も鳥も身を潜めているのでちとつまらないのですが、
ざあざあ雨はクールな調べ♪(『雨は毛布のように』キリンジ)
雨音を聞くのは好きかもしれません。

先日買った『半村良総特集―SF伝奇ロマンそして…』を読みました。
(河出の『文藝』でこの人を取り上げるとはかなり意外でしたが)
尊敬の念が沸々と湧いてくるのを感じました。
『石の血脈』、『産霊山秘録』、『妖星伝』は外せませんが、
他のSFもの時代小説ものも読んでみたくなりました。
(妖星伝は今思えば『幼年期の終り』に近いようなところもあるなあ。)
あと『箪笥』のシュールな怖さ。筋は特別凝っている訳でもないのに
理に落ちないっていうのは実は一番怖いのでは?
今夜、一線を踏み越えて箪笥に登ってしまうかもしれない(笑)。

未分類という名の日常 | trackback(0) | comment(3) |

comment

2007/06/23 10:25

こんにちは^^スペーストミーです。

雨って基本的には、ぬれるので好きではありません。
でも、農業をいとなむ方や貯水池を管理する人にとっては、
命の雨なんですよね!

紫陽花も一雨ごとに色を増すといいます・・・し、

雨の日は、雨の日なりの楽しみ方を考えましょうか!v-391

また、来ます。v-410

スペーストミー | [ edit ]

2007/06/23 11:13

暑さのせいで、溶けていました。いわゆる変態です。

オアシスは最近ベスト盤がでました。

夏場のサンダルはCROCS(クロックス)とWALDIES(ウォルディーズ)をお薦めします。

<妖星伝は今思えば『幼年期の終り』>左様ですか・・・

ぷりゅす | [ edit ]

2007/06/23 13:12

スペーストミーさん
雨の日はあんまり好きじゃないです。乾かないから洗濯物が
たまる一方だし。
降らないと渇水状態になるけれど度を超すと水害を引き起しますし、
難しいですね。紫陽花はきれいですね。
「隅田の花火」という品種のガクアジサイが特に好きです。

ぷりゅすさん
>変態 
知ってますよとっくn……
オアシスのベスト盤をブロックパーティーのアルバムと一緒に買おうか
悩んだ末、断念。『WHATEVER』が入っていない~。
モーニング・グローリーは着メロでしか知らないしなあ。
『妖星伝』の外道皇帝が『幼年期』の上帝(オーバーロード)、
作品の底に流れる仏教的世界観などは似ている気がします。
もう一度両者を読まないことには掘り下げられませんが。
(幼年期が終わって地球を捨てていく「新世代」は解脱状態のようだし)

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。