イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/08/18//Sat.
迷訳金魚 Goldfisch

私が月と水を愛するようになってからというもの
私の髪の中には金魚が棲み付いているのです
あきれ返る話ですが気が付けば
私の他にはだーれも
こんなことは起こっちゃいないんです

それからというもの私はたくさんの川を泳ぎ抜けましたが
水は金魚の気に入りませんで
私は月の男に彼を贈ろうとしましたが
彼は星の光の中、雲と鳥の間を泳ぐのは嫌だと拒みました
私は彼を紅海へ連れて行きました
しかし彼は私の髪の薄暗がりで年をとりたいと言い張るんです

私はコイツをずっと載せ続けるのでしょう
コイツの鱗がぼろぼろ剥がれ落ちて
身体が黒ずんできて
灰色の水たまりに死んで落ちるそのときまで

(原文)
Goldfisch Ch.Meckel

Seit ich den Mond und das Wasser liebe,
Lebt ein Goldfisch in meinem Haar,
Das verbluefft mich und ich bemerke,
Dass das bei keinem anderen Menschen
Das Fall ist.

Seither bin ich durch viele Fluesse geschwommen,
Aber das wasser sagte ihm nicht zu.
Ich bot ihn dem Mann im Mond als Geschenk,
Doch er weigerte sich,im Licht der sterne
Zwischen den Wolken und Voegeln zu schwimmen;
Ich fuehrte ihn an das Rote Meer,
Aber er besteht darauf
In der Daemmerung meines Haars zu altern.

Ich werde ihn weitertragen,
Bis seine Schuppen broeckeln,
Bis er schwarz wird
und tot in eine graue Pfuetze faellt.
*********************
seit:従属接続詞で主文の表す継続的な事態の起点となった事態を
示す副文を導く(英since)
verbluefft:verblueffen(他)びっくりさせる、あきれ返らせる
の現在分詞化
bemerke:bemerken(他)認める、感じ取る、気付く
seither:seitdem(副)~以来since
weigerten:(他)拒む、拒絶する

Aber das wasser sagte ihm nicht zu
nicht (etwas)zu ~haben
勉強用にブログを作りましたが、放置しがちなので、向こうは閉鎖してヒュッテで勉強しようと思います。未分類が大好きな私には、分割というのが馴染まないらしいです。

ドイツ語 | trackback(0) | comment(4) |

comment

2007/08/18 20:23

>私が月と水を愛するようになってからというもの
 私の髪の中には金魚が棲み付いているのです

此処好き!!

ちょっと自分が此の間金魚を書いたので焦りました;笑
金魚はやっぱり月とか夜のイメージが強いんですよね。
いいなぁ、金魚飼いたいなぁ。
できれば頭ではないところで希望・・・。
しかし金魚は海で生きていけるのでしょうか??

イチゴ | [ edit ]

2007/08/18 22:09

イチゴさん
>私が月と水を愛するようになってからというもの
 私の髪の中には金魚が棲み付いているのです

私もここ好きです。金魚が髪の中に棲み付くというのは自分に
幻想的なパーツが組み込まれていて、それと切り離すことが出来ない
感じがします。

>金魚は月とか夜のイメージ
そうですね。さんさんと降り注ぐ陽光の中で泳ぐイメージは
私の中にはあんまりありませんね。
丸い金魚鉢で少しの水草と赤い金魚がゆらゆらと泳ぐ姿などは
優美で良いです。
金魚は鮒の突然変異であのような赤い色になったものを人の手に
よって観賞魚として色々改良されたそうですから、そのあたり悲哀も
感じます。

私も金魚飼いたいです。魚類が泳ぐのを見ているのは幸せです。
水族館大好き!
……金魚を載せた頭はシャンプーできるんでしょうか?

イーゲル | [ edit ]

2007/08/19 21:00

素敵ですね。

幻想を舞い泳ぐ金魚は宛てなく
でも自由に、ひかる熱帯夜をさまよう



はじめまして、綯と申します。
詩SIDE FESTAではお世話になりました。

イーゲルさまのお言葉はどこか不思議で美しく、
綯なんかには掴めない魅力を感じます。
そんなイーゲルさまに惚れてしまいました^^

いきなり大変図々しいお話ですが
リンクの申し込みを是非お願いしたいです。
お返事待っております。

乱文失礼致しました。

| [ edit ]

2007/08/19 22:55

綯さん、はじめまして

詩SIDE FESTAではコメントを寄せて下さってありがとうございました。
>幻想を舞い泳ぐ金魚は宛てなく
でも自由に、ひかる熱帯夜をさまよう

イイですね~。素敵です。金魚飼いたいです。

>惚れてしまいました
いやあ、嬉しいです。自分史上初めて言われました。
生きてて良かった!
リンク大歓迎です。こちらからも是非お願い致します。

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。