イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/10/22//Mon.
悪魔に仕える牧師

『利己的な遺伝子』で有名なリチャード・ドーキンスの本です。
(私は『利己的~』は未読。)
のろのろと読んでいたために少々忘れかけている部分がありますが、
全体の印象を簡潔にまとめると――
科学的思考は宗教に勝る、乱暴ですが初めての読了結果はこんな感じ
でした。
宗教は倫理観や社会規範の形成等に大きく寄与していますが、特別な
存在<宗教的権威>無くしては語れませんし、その存在の言行を自分の
判断を度外視して鵜呑みにしなければならない――
自分の信仰する神以外を認めない偏狭な価値観、過激化した場合は
自爆テロ等の悲劇を引き起こします。
最近起こった新新興宗教団体の女性信者の事件のような集団的熱狂の
原因となったり。
科学にも信仰と似た面があることは否めませんが、特定の人間だけが
感じ取れる霊的、面妖なエナジーや奇妙な体験より誰が実験研究を行っても
同様の結果が得られる可能性がある科学の方が、遥かに万人に平等のように思えます。

緻密な思考や実験研究によって得られた論説を宗教的な理由によって
認められないというのは科学者にとって生き難い社会だと思います。
特定の宗教の影響が顕著でない日本においてはその問題はさほど感じられませんが、
一神教が多数派を占める社会に身を置くならばその理不尽さに腸が煮えくり返って仕方がないでしょう。
(愛娘へと宛てた手紙の中でも宗教に対する盲信を優しい言葉で諌めて
います。)

理系の本を読んだ反動か普通の小説を読みたくなってきました。
『死の家の記録』をぼちぼち読み始めております。
『アメリカ名詩選』でホイットマンの詩も最近読みました。
自画自讃系?自分を見つめて見つめて見つめて見つめ倒す漢という
イメージが。間違ってると思うけど。

読書 | trackback(0) | comment(3) |

comment

2007/10/23 10:48

ネオ・ダーウィニズムの先鋒。
論敵スティーヴン・ジェイ グールドとの親交も書かれていて
少し驚きました。
同時にグールドの「神と科学は共存できるか?」はとても
面白そうだと思います。
急先鋒のドーキンスと中庸を行こうとするグールド。
とはいっても根っこは同じだと思います。

めるつばう | [ edit ]

2007/10/23 18:06

奇遇ですねぇ。
私も、今、ドーキンスを読んでいるんです。
宗教の問題は解決が難しいですが、「神は妄想である」の日本語も難しい。
訳の問題でしょうか。
私は反動でキング「呪われた町」を読み始めてしまいました。
いつになったら「神は妄想である」が読了できるのか。
神のみぞ知る(こういう使い方はドーキンスが怒りますね)。

くろにゃんこ | [ edit ]

2007/10/23 23:15

めるつばうさん
未読ですが、『グールドとドーキンス』という本が出ているような状況なので二人は仲が険悪なのかと思っていました。勝手に(笑)。
グールドはまだ読んでいませんが、『ワンダフル・ライフ』は読んでみたいですね。『眼の誕生』でも何度かこの書名が出てきていたので気になっています。
>「神と科学は共存できるか?」
面白そうです。共存出来なくはなさそうだけど、両者が共存することに意味があるのかと問われれば無さそうな気もします。

くろにゃんこさん
>ドーキンス
私は昨日あたりにようやく読み終わりました。『銀河ヒッチハイクガイド』のダグラス・アダムスと親交が深かったようで、『悪魔に仕える牧師』には彼への頌徳の辞、追悼文も載せられていました。
>「神は妄想である」
面白そうです。大学のゼミで「神は大文字のフィクションである」
という司馬遼太郎の言葉を聴いたのを思い出しました。
この大文字のフィクションを拠り所にして暮らす私達――

>反動
理系の本を読むと反動があるようです。小説が読みたくなります。
おかげ様で『死の家の記録』が面白くて。内容は結構凄惨ですけど。
文系には文系のさぷらいず、かたるしすがあるようですね。

イーゲル | [ edit ]









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。