イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/11/09//Fri.
くろこでぃーる

鰐 ドストエフスキー ユーモア小説集
ドストエフスキー 工藤 精一郎 原 卓也
講談社 (2007/11/09)
売り上げランキング: 3498

発売日を指折り数えて待っていました。書店へ行ったら案の定品出し
されていなくて、店員さんに頼んだら、
「申し訳ございません。入荷数が少なくてもう売り切れてしまいました。」
Nanu!!
(ついでに光文社古典新訳文庫の『幼年期の終わり』も出して下さいと
その直後に頼んだ、ほんのり〈ヤな客〉の私です。こちらはありました。)
『カラマーゾフ』の新訳効果の余波なのでしょうか……。
アマゾンでは予約受付中で在庫切れ状態、7&Yでも品切れってマジかよッ!
こんなに流行るんだったら、もっと前から短編集を編んでいた方が良かったんじゃないのかしらん?
昔、福武文庫で出ていたようですが、福武文庫自体あんまり見ないし、
国書刊行会系のアンソロジー以外でドスト氏の短編をお見かけした例が
無い気がします。
出版不況にしているのは売れる本に固執する売り手の方にも責任が
あると思うんですが。
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
クラーク 池田 真紀子
光文社 (2007/11/08)
売り上げランキング: 2073

カレルレンがカレランに……。
河出文庫から『神州纐纈城』が出ておりました。この調子で『八ヶ嶽の
魔神』や『蔦蔓木曽の桟橋』とか出てくれればいいなあ。
神州纐纈城 (河出文庫 く 5-1)
国枝 史郎
河出書房新社 (2007/11/02)
売り上げランキング: 2922
おすすめ度の平均: 5.0
5 原作もいいぞ!

ぼやき | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。