イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2008/03/22//Sat.
あれやこれや

大岡昇平の『事件』の感想を書いていたつもりが、法学に関しての偏見で汚い
文面がより穢れてしまったので、もう少し考えてから書こうと思ったけれども自信がない――

刑事裁判を取り扱っていて法廷の場面が多かったけれども、非常に面白かったです。
幸い未だ刑事事件を起こすことも巻き込まれたこともありませんが、もしこんな裁判沙汰に
なったら、事細かに尋問されて、過度のプレッシャーに負けて要らないことまで口走ってしまい
更にはその言葉尻を槍玉に挙げられて、検察官にいじられ嫌な感じの悪い汗をかきそう……。
菊地弁護士のような巧く導いてくれる弁護人を切望します。
(人情味溢れる弁護人というわけではなく、公判に勝利するのが最大の目的であると割り切った
姿勢もまた良いですね。)  
裁判といえども決定的な真実には到達することは出来ないし、法廷はあくまで法的な真実を
追及するに止まらざるをえない。裁判官の心証やその時々の身体的精神的状況に影響を
受けるのならば、我々の生命維持活動は、些細なきっかけでだいぶ違ったものへと変化するもの
なのかもしれません。    
『事件』という題名ではあるけれど、どちらかと言えば事故……かな?と思います。

一昨日からノンフィクションの『ながい旅』を読み始めましたが、やはり面白いです。
B29の無差別爆撃を立証して「法戦」を行った岡田資陸軍中将。
爆撃って攻撃対象以外のモノにはやってはならないんですね。
国際的な条約で決まっていたそうで、知らなンダ!――大戦中に守っていた国なんて
なさそうな感じですが。
そういや、イラク戦争の時に米軍が誤射して無関係な市民に犠牲者が出たときに
「意図してやったこと以外は無かったこと」という弁解をしていました。
過失傷害致死にしても酷い話で、武装解除のための武力行使と言い、湿度の低い笑いに
事欠きませんね。
嗚呼、続きが気になる。

最近のY氏は赤子の存在に慣れてきたのか、泣いていると「かわいかわい」と言って
頭を撫でたりしています。
この間泣いていた時は赤子の服に手をかけてスナップをはずそうとしていて、
どうやらおむつを取り替えるのを真似ているつもりだったようです。
こんな殊勝なところもあるのけれど、大抵はいたずらのし通しで、こちらの精神を
疲弊させてくれます。
赤ん坊は泣くのが仕事、と言うように、子供はいたずらするのが仕事だとふっ切れられたら
どんなに良いか!

つぶやき | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。