イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2008/07/17//Thu.
あまいぜ

最近Y氏が好きなもの。
<あまいぜ>die Ameise、蟻さんです。
散歩の最中見つけると立ち止まって連れて帰ろうとしては、……ぶち。
力の加減が難しいようですな。

die Ameise/die Ameisen英語ではant。
蟻や蟻科の昆虫、比喩表現としては働き者、勉強家のことを指す。

der Ameisefleiss蟻のような勤勉さ
蟻って集団のうちの約3割しかまともに働かないで残りの蟻はブラブラしているとかって
『こち亀』で読んだ気が。

ameisenhaft熱心な、精の出る

der Ameisefresser アリクイ

der Ameisenlowoeアリジゴク、成虫のウスバカゲロウはdie Ameisenjungfer

久々に引く独和大辞典で蟻のトコばっか見てどーすんのさ。
「あんまり急いでごっつんこ♪蟻さんと蟻さんがごっつんこ♪」は
独訳するとどうなるのかなー。
そのうち挑戦しよう。
ドイツ名詩選の『蝶』を音読してみましたわん。かなり読むのが遅くて……ハア。
『塔主リュンコイスの歌』は前読んでいたせいもあってスラスラ~、というか
かなり音読向きな詩だという印象が強まりました。
(尚且つ意味深いし。こちらで読めます。)

der Schmetterling 蝶、鱗翅類
schmettrern(他)力任せに叩きつける、投げつける、(球技で)スマッシュする、
         (自)(金管楽器などが)高らかに鳴り響く、人が朗々と歌う

蟻と言えば、友人の中には幼い頃に蟻の大群を不気味に思った挙げ句
ポットで熱湯をかけたという話を昔聞いたなあ。
相方の友人の中には蟻を食べていた方もいるそうで、うーむ。
相方自身は蟻を虫眼鏡で焼き焦がしたとか何とか言ってましたが。

ドイツ語 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。