イーゲルヒュッテ
プロフィール

イーゲル

  • Author:イーゲル
  • 699円。タイ生まれ。
    瞳は少年、ところによりおっさん。
    すっとこどっこいな文章und日常の切り売り。
    魚の皮、海老の尻尾を好んで食べます。
    リンクはフリーにござい。

    よく出てくる人たち(一部人外)
    相方(夫)、Y氏undH氏(息子)、不踊木偶〈オドラデク〉(不可視舞弄具ペット)。
ごにょごにょ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
私のメアドを知らなくても届くエラいメール

名前:
メール:
件名:
本文:

--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007/10/26//Fri.
月面懸想文

何か螺子が外れているのかな。
もう、どうじよう。パッションしか無いのね自分。
一応書いておこう。
他の物に流用する可能性大。

続ク...

日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

2007/10/22//Mon.
まるで

水陸両用
晴雨兼用
表裏リバーシブル

まるでそんな風に
見えますか
そうですか
それならばそういうことにしておきましょう


**********
日本SF50周年記念の番組を見ました。
小松左京の『SF魂』でだいたい知っていましたが、福島正実の肉声がテレビで聞けるとは!
原子力発電研究所の話は面白かった。
何度聞いても笑えます。

日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

2007/10/19//Fri.
りゅんこいすごっこ(改)

塔楼の守りを仰せつかり
此の世界を眺めて廿余年
まだ此の世の面白さも遍く総てが美しい
とは認められない

君は知っている
昨晩降り注いだPH6の雨の沁みこんだ土塊の味
栗鼠が食べ損ねた小楢の味
カルキ臭い水を張ったビニールプールに泳ぐ
緑の盲いた象の如雨露の味
乱雑な書斎で所在無く鎮座していた西瓜の
ビーチボールの味
久しく弾いていないウクレレの4フレット目の味を
僕が自慢できるのは小学校の図工の時間に
こっそり味わった山吹色と黄緑色の絵の具の味を
知っていることぐらいさ
常食するにはあまりに個性的な味と食感!
でも、もし君が金銀の絵の具を食べたなら
間違いなく君を英雄視するだろうね――

幸いなる舌よ
お前の食らってきたものは
それが何であれ
すべて美味かった!
――なんてなんて僕の選好みの激しい舌では
それはもう適わない
だから
せめて今日も叫ぶんだよ
塔楼、六畳洋室の二段組チェストの上から
「Ihr gluecklichen Augen,
Was je ihr gesehen,
Es sei wie es wolle,
Es war doch so schoen!」
(幸いなる両目よ、
お前が見てきた物はそれが
何であれ総て美しくあった!)

*******************
だんだんネタ的に俗っぽくなってきたなあ。
なんか落ち込むとこの言葉ばっかり考えている気がします。
美点は見つけられなくても、ありのままに受け入れられる器の
大きさが欲しいです。

日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

2007/10/18//Thu.
りゅんこいすごっこⅡ 

君は知っている
昨晩降り注いだPH6の雨の沁みこんだ土の味を
栗鼠が食べ損ねた小楢の味を
カルキ臭い水を張ったビニールプールに泳ぐ
緑の盲いた象の如雨露の味を
乱雑な書斎で所在無く鎮座していた西瓜の
ビーチボールの味を

幸いなる君の舌よ
お前の食らってきたものは
それが何であれ
すべて美味かった!

************
Ⅱってつけて良いんかい?
はこれになるのか?
今日の散歩でY氏はドングリを口に入れてボリボリボリ……。
「早く口から出して!」と急かしたら
ポトポトッ――2粒も入れていたのか!リスかアンタは。
砂利を口に入れたり、土を口に入れたりと早く食べ物以外のものを
口に入れないようになって欲しいッス。

日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

2007/10/10//Wed.
フォーマルハウト

平面鏡前、サイダーの空き壜コスモス一輪

歯ブラシによるねり歯磨き粉の飛沫が点々と
鏡に広がって形成された洗面所の銀河系
ガニメデの酒壷から滴る美酒はうわばみの魚の口へ
赤ら顔の魚が教えてくれたのは正しい嫌気呼吸の遣り方だった

お化け鯨の背に乗ってケフェウスの玉座を襲撃
囚われの美姫には目もくれず狙うは北斗七星の二重星
群青色の北天 極限までのぼりつめて
下戸のペルセウスが姑にいびられるのをこっそり高見の見物

生温かい二酸化炭素を放射/茫漠
右手人差し指でレールを敷いて シュポ シュポ シュポポ
すぐに掻き消した
(我 89番目の星座を発見せり)

サイダーの空き壜にコスモスが一輪

********************
Perfect 目の前をすぐ
Perfect 擦り抜けて行く
無限の言い訳と 完璧なイノセンス
重なり合う季節と同じはずだろう?

Perfect 在るはずの無い
Perfect 完璧な虹と
この世界の中に投げ込まれた僕等
まるで弾みやしない会話続けるように

七つの色を使い分けて 
ホラもうすぐに見えるだろう 新しいパラダイムが
君が望んだ答え用意して 言い切った言葉の嘘
わかるだろう? Perfect Rainbow

(『PERFECT RAINBOW』CORNELIUS)
おしりかじり虫で話題になっている、うるまでるびですが、
うるまでるびといえば『ウゴウゴ・ルーガ』!の世代なもので、
一寸思い出しました。ピチカート・ファイヴや田島貴男も出たらしいけれど、
その頃みちのくのテレビ局のゴタゴタのせいでCX系の局が無くなって
しまい、見られなくなりました。
かなしひ思い出。

日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

2007/10/08//Mon.
89

サイダーの空き壜にコスモス一輪

歯ブラシによるねり歯磨き粉の飛沫が点々と
鏡に広がって形成された洗面所の銀河系
(我 89番目の星座を発見せり)
生温かい二酸化炭素を放射/茫漠
右手人差し指でレールを引いて

そしてサイダーの空き壜にコスモスが一輪

******************
もの凄く作りかけ感が漂いますが、一応残しておこう。
「五、六人の詩客」計画、どうしよう。

日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

2007/09/27//Thu.
急募!

最も近くて遠い背中の主を程良く愛する術を教えてくれる人や物。

日々のあぶく | trackback(0) | comment(4) |

2007/09/24//Mon.
カップラーメン

ちゅー
鼠色をしたハーメルンの笛吹きケトルが鳴いた
発泡性プラスチック容器の蓋を開け
かやくを入れ粉末スープを入れて三分間 
小腹を空かせた電線の上の三女神が
秋波(ながしめ)を寄越しても
そこのところは揺るがない
三分以上でも以下でもなく
カップラーメン 律儀なお前

でも、私は硬めの麺が好きだから
**************
今朝やかんを見ていたら「ハーメルンの笛吹きケトル」という
訳のわからない言葉が出てきましたよ。
疲れているのか……。


日々のあぶく | trackback(0) | comment(0) |

copyright (C) イーゲルヒュッテ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。